スタッフブログ

「遮熱塗料」について

2023.5.19

2023-05-19

本日のスタッフブログは、二宮が担当いたします。

この先の季節に需要が多くなり始める「遮熱塗料」について軽く触れたいと思います。
屋上防水(陸屋根)に用いる遮熱塗料とは建物への蓄熱を防ぎ、暑さを和らげる効果を持った塗料です。
屋上防水、屋根塗装、外壁塗装用と各部位ごとに材料があります。

今回は屋上防水工事(ウレタン防水)を主にお話を進めさせていただきます。
ウレタン防水の遮熱仕様と言っても、まずウレタン自体に遮熱効果があるものとウレタン本防水までは通常と同じ工程で最終工程のトップコートに遮熱効果があるものとに別れます。
当然金額に差が出ます。
遮熱塗料の機能としては、遮熱塗料の塗布面・非塗布面では大体10~12度の違いが出ると検証されており、熱の遮熱に対して十分な効果があると実証されています。

ただし、ここで十分にご注意と言いますか、ご理解して頂きたい点があります。
先の検証結果は、あくまで遮熱塗料と塗布した面と塗布していない面の表面上の温度差であり階下のお部屋の温度が10~12度下がるわけではありません。
遮熱仕様にしたからと言ってお部屋が冷房要らずになるかと言えばそこまでではありません。
とはいえ、「意味のない仕様」「無駄な工事」などでは全くありません。
遮熱と言う言葉のイメージが先行して冷房要らずという過度な期待が広まっているケースがあります。
そこまでの大きな変化ではありませんが、通常仕様と比べると十分効果がある材料ですとご説明をさせて頂いております。

実際に遮熱塗料は十分に効果があるものでかつ遮熱塗料にすることでのメリットも多く

・光熱費に対する節電効果

・遮熱塗料自体が通常の材料よりも耐久性に優れている為メンテナンス費用が抑えられる。

・その結果建物の寿命が長くコストパフォーマンスに優れている。

大きなメリットとしては上記の3点があげられます。

 

遮熱塗料については、これからの時期によくご質問をいただきます。
ご不明な点、もっと詳しく知りたい方は是非一度ご相談ください。

 

遮熱塗料塗布
遮熱塗料塗布

 

日本外装株式会社
サービスプランナー 二宮圭太郎

 

 

 

お見積りアイコン簡単見積り
シミュレーション
お問い合わせアイコンお問い合わせ
電話アイコンお電話
お気に入り登録してね!